売買契約時にかかる費用

不動産売却についての相談はどこにすれば良い?

不動産売却についての相談はどこにすれば良い? 不動産売却を初めて行う場合には、どこに相談をしたらよいかわからないことがあります。
通常であれば、その不動産の売却を担当してくれる不動産業者に相談をするべきです。
業者はたくさんありますが、業者にもそれぞれ専門分野があります。
例えば、マンションを専門的に扱っている業者や、一戸建て住宅を専門的に扱っている業者もあります。
一戸建て住宅を売却する場合にマンションを専門的に扱っている業者に依頼しても売却をしてくれるかもしれませんが、あまり高い値段で売却してくれない可能性もあるでしょう。
そこで、一戸建て住宅を売却するならば、一戸建て住宅を中心に扱っている業者に依頼するべきです。
その業者のホームページを見ると、何を専門的に扱っているか書かれていることが多いです。
業者としても、よりたくさんの物件を扱って利益を上げたいので、専門分野を明確にし、業者のカラーを明確にしているわけです。
ですが、何を専門的に扱っているのか明確でない業者もあります。
その場合には、ホームページではどの画像をメインにしているかで判断するのが良いでしょう。

不動産売却時の税金を節税する方法

不動産売却時の税金を節税する方法 不動産売却時の税金は、マイホームであるかどうかによって大きく変わってくることがあります。
マイホームの場合には3000万円控除の特例、10年超所有軽減税率の特例などがありますので、税金はゼロにできるケースが多いです。
投資用の不動産などの場合には、マイホームの特例は利用ができません。
節税の方法としては、修繕費や固定資産税、メンテナンス費用、ローンの利息、建物の取り壊し費用、仲介手数料などの経費をしっかりと計上するということが基本です。
また、2016年に新しくできた制度ですが、相続した空き家を売却した場合にも3000万円の控除が受けられるようになりました。
マイホームとして利用をしていない家でも、相続してから3年が経過していない、耐震性を備えているなどの条件を満たしている場合には3000万円の控除が適用できます。
こういった新しい制度ができている可能性もあるので、なるべく専門家に相談をしておくことがおすすめです。