不動産を売却するタイミング

不動産を売却するタイミングとは?

不動産を売却するタイミングとは? 不動産を売却するタイミングは、マイホームであるか、収益物件であるかによって異なってきます。
マイホームの場合には、転勤や離婚などの事情で売却をすることが多く、売却するタイミングは自由に選べないことも多いです。
収益物件の場合には、将来にわたって安定して収入が見込めるうちは売却をしないほうが良いでしょう。将来に不安を感じたら、できるだけ早い段階で売却を検討してみましょう。
不動産査定を複数の会社に依頼して、できるだけ正確な金額を出すことが重要です。
不動産を売ることを決めたら、なるべく早めに行動をしましょう。建物の価値は年月の経過とともに減少していきますので、行動を始めるのは早ければ早いほど良いです。
しかし、希望の価格で売れない場合には、妥協して価格を下げるかどうかは、慎重に考えるべきです。
築年数が9年から10年に変わるタイミングなどでは、なるべく築年数が1桁のうちに売ってしまうべきですが、なるべく相場通りの値段で売却をしたいところです。

仲介手数料無料の不動産売買

仲介手数料無料の不動産売買 不動産の売買には仲介手数料がかかります。
これは、仲介者は最大不動産の3パーセント分をとっていいという法律がありますので、それぞれから3パーセントもらうと合計6パーセント分の手数料を得るところもあります。
つまり5000万円級の物件であれば300万円近い手数料が業者側に入ることになります。
ただ、この売買は基本的にはどの業者でもできますので、手数料争いという意味で仲介手数料を無料にするところがでてきております。
ただ、あくまでも外へ向けての無料ということになります。
売る時の値段に単純に仲介手数料を引いた値段で入っていることも多々ありますので、単純にこの言葉だけを見て売却をするのではなくすべての手数料を考えて売買をするほうがよいでしょう。
不動産売却は、人生の中でも大きなイベントになるかと思います。普通の人であれば多くても10回を超えることはないでしょう。
あまり単純な謳い文句に引かれずに不動産売買をすることをお勧めします。